メニューを閉じる

お知らせ

NEWS

2020/03/31

ニュース

2019-20SEASON終了のご挨拶

2020年3月27日(金)に発表させていただきましたとおり、B3リーグは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため残りの全試合を中止し、これに伴い、2019-20SEASONが終了いたしました。終了にあたりまして、岐阜スゥープスヘッドコーチの落 慶久、キャプテンの中野大介選手、岐阜バスケットボール株式会社社長の那須史明より、ご挨拶を申し上げます。

■ 岐阜スゥープス ヘッドコーチ 落 慶久

岐阜スゥープスブースターの皆様、2019-20シーズンも熱いご声援、本当にありがとうございました。

今シーズンは我々にとって非常に厳しく難しいシーズンでした。主力メンバーの度重なる怪我、外国籍選手のシーズン中の交替、そして新型コロナウィルスの影響で突然のシーズンエンドと、そのような厳しく辛い中でも、結果に結びついていない状況でも、選手達一人一人は常にポジティブに仲間を信じプレーをし続け、成長してくれたことをコーチとして誇りに思います。

そして、その懸命にプレーをしている選手たちのそばには、スポンサー企業の皆様、ブースターの皆様、SWOOPYの皆さんの存在があり、常に我々を支え、鼓舞していただき、高いエナジーをいただきました。いかなる時も熱く共に戦っていただいたことに改めて感謝いたします。本当にありがとうございました。

今シーズンの様々な経験を経て、チーム、選手一人一人がどのように成長していくかを楽しみにしていただくと共に、引き続きの熱いご声援、サポートを宜しくお願いいたします。

■ #25 キャプテン 中野 大介 選手

まず初めに、今シーズン、岐阜スゥープスを支えてくださいましたスポンサー様、ボランティアスタッフの皆様、ブースターの皆様、岐阜スゥープスに関わる全ての皆様、本当にありがとうございました。

チームの団結力、ディフェンス力を軸に最低目標5割を掲げ戦ってきましたが、ほど遠いものになってしまいました。

本来なら笑顔、勇気、元気を与えなければならないのは私達ですが、苦しい試合が続く中、いつも熱いエネルギーで後押しされていたのは私達でした。全ての試合がホームでした。感謝しかありません。

思いもよらない形でシーズンが終了してしまいましたが、チームとしても個人としても多くの事を学ばせていただいたシーズンでした。岐阜スゥープスは若く、伸び代の大きいチームです。今年の経験を必ず生かし、成長していきたいと思っております。

今シーズン、本当にありがとうございました。

■岐阜バスケットボール株式会社 社長 那須 史明

まずはじめに、今シーズン岐阜スゥープスを支えてくださったブースター・スポンサー・行政・チーム関係者、関わっていただいた全ての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

このような形でシーズンが終了し、残りの試合を皆さんにお見せできなかった事はとても残念で悔しく、そして、おそらくは皆さんと同じように、岐阜スゥープスのバスケットボールが見られない寂しさを感じています。

期待とともに始まった2シーズン目が、12チーム中11位という結果になった事、勝利をお見せする機会が少なかった事。また、様々な点で至らない部分があった事を申し訳なく思います。

しかしその結果とは裏腹に、ホームはもちろん、アウェイの会場にも多くのブースターの皆様に駆け付けていただきました。申し訳なさと感謝が入り混じった感情は、次第に、皆さんを誇りに思う気持ちに変わっていきました。

応援していただいた全ての皆さんは、私達、岐阜スゥープスの誇りです。次は、私達が皆さんの「誇り」になれるよう、来シーズンへの準備と努力を続けたいと思います。

最後に、新型コロナウイルスにより亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方々の一刻も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

皆様にアリーナでお会いできる日を楽しみにしています。その日まで、必ず健康でいて下さい。

トップスポンサー